今年の冬に着てほしい男性ファッション

最近男性のファッションで、好きなアイテムが増えました。
以前はシャツが主に好きで、ワイシャツネルシャツなどをさらっと着ている男性が好きでしたが、
最近新たに好きになったもの、それは、ニット。
ニットにこんなにドキッとするとは。笑

男性のニットやセーターってV字が多いんですが、
私が注目してるのは、丸襟のセーター。
ちょっと女性っぽい感じのセーターを男性が着るのが、なんだか良いです。

マネキン買い メンズ

ほら、女性もメンズライクって流行ってるじゃないですか。
サイズが大きめのアウターや、メンズシャツとかを女性らしい体型で着ることによって、
より逆に女性感が引き立つということもあります。

同様に、男性らしい体つきの人が白のニットとか着ると、
普段の男性ファッションではない男性っぽさが見える気がします。
また、清潔にも見えますしね!

ニットは、20~30代の若い人は、もうすでに取り入れてる人が多いですが、
40~50代の中年の人もぜひ挑戦して欲しいなと思います。
いやむしろおじさんだからこそ、爽やかに見える服を着たほうが良いと思うのです。

今年の冬は、ちょっとくすんだパステルカラーが流行るそうなので、
女性だけでなく男性にも、白、グレー、ブルーなど明るい色のニットを
どんどん着てほしいです!

メンズファッションの心がけについて

メンズファッションを志す時には、どのような服が欲しいかを自分で考える必要があります。闇雲に洋服を買っていくとお金が無くなってしまうことでしょう。男性の洋服は値段が高いものも多いので、厳選して選ばなければならないのです。例えば自分の好きな色は何なのかについても考えなければなりません。好きな色だけを組み合わせてもかっこいいコーディネートをすることはできませんから、難しいものですよね。値段が高い洋服ばかり購入してもそれを使いこなすことは難しいのです。

洋服は自分を表現する物でありますから、何を着るのかは重要です。自分の好きなブランドを見つけることが近道かもしれません。そのためにお金をかけるのならばそれは良いことなのかもしれませんね。自分に対する投資と考えればよいでしょう。ですが、それでも得られるお金は限られているので限界はあります。そのような時は基本に戻ってみるとよいでしょう。

自分はなぜ、メンズファッションをしようと思ったのかについて考えてみるのもいいですね。好みに合うTシャツがなかったら自分でデザインして業者にプリントをしてもらってもいいですからね。

男子高校生 ファッション

自動車の保有で行った借金について

学生時代に自動車免許を取得して、人生で初めてのマイカーを所得したことがあります。

最初は自動車のメンテナンスや、維持費についての知識を持ち合わせて無かったのですが、

実際に自動車を所有していると、非常にお金がかかることを知ることになりました。

例えば税金や車検、そしてオイル交換等の通常のメンテナンス、タイヤなどの消耗品の購入、修理を必要としている部分など、走行距離が増えることによって、かなりの出費が必要になりました。

学生時代にはアルバイトをしていて、毎月にある程度のまとまった給料を得ていたのですが、時には賄いきれない状態に陥ってしまうこともありました。

その結果として借金を行ったり、ローンを利用して、必要とされているパーツ類を購入することも多々ありました。借金については多くのケースで翌月払いに設定していたのですが、

問題無く返済を行うことはできていました。また、同時にファッション関連にも非常に興味を持つことになり、当時はDCブランドの全盛期とされており、自身も数多くのアパレル品を購入していました。

時には高額なコートなどを借金をして購入することも多く、その時代に欲しいものを入手することについては、借金を行うメリットがありました。

アコム 債務整理

事業に失敗して残った借金

 

3年間事業を営んできたのですが、資金繰りに苦しんで借金を背負ってしまいました。
最初は銀行からの借入に頼っていたのですが、しばらくして貸し渋りにあってしまい、
消費者金融にに頼ってしまいました。おかげで経営も火の車になり、
借金地獄に陥ってしまいました。

しかし人間追い詰められると力が出るもので、むしろ借金が無くて悠々自適に生活していた
時よりも力が漲っているかんじです。多重債務を背負って日々働きながら必死に返している
と聞くと人はいかにも大変そうだなと思い悲惨な状況を想像してしまいます。

しかし気の持ちようでどうとでもなります。この困難を乗り越えれば、管理人も
大きな成長が出来て明るい未来が待っていると信じています。

借金の原因になった事業ですが、都内にとんかつ屋を営んでいました。
それまでは安定した職業であるサラリーマンとして過ごしていたのですが、
ぬるま湯につかっている人生に喝を入れるべく独立しました。

私が務めていた会社は一部上場企業で私の年収も1000万円を超えていました。
このまま定年まで勤め上げれば多額の退職金で老後はハッピーリタイヤとなるはずでした。

しかし冒険心を失った人生なんて価値がないと思ってしまいました。
あるとき、マクドナルドの創始者の自伝を読んで私は大きなショックを受けました。
そしていてもたってもいられなくなり、会社を止めました。そこから私の借金人生が始まります。

民事再生で借金返済の負担を軽減!@無料相談がオススメ